破産申告をする人で持っている負債に関して保証人が存在するときにはあらかじめ話をしておいたほうがいいでしょう。

もう一度、改めて言いますが、ほかに保証人が付いているときは自己破産以前によく検討しなければなりません。

今あなたが破産して受理されれば、保証人になっている人がみなさんの借り入れをみな払う義務が生じるからです。

やはり、破産手続き前に保証する人にその詳細や現状について報告してお詫びの一つもなければならないでしょう。

これらのことはあなたの保証人の立場で考えると求められることです。

みなさんが自己破産するために、まったなしに何百万円もの返済義務が発生してしまうことになるのですから。

それで、そのあとの保証人である人の行動の選択肢は次の4つです。

一つめはあなたの保証人が「いっさいを払う」ということです。

あなたの保証人がその借金を苦労することなく完済できるぐらいのカネを用意していれば、それが可能でしょう。

でもその場合、自分は破産せずあなたの保証人に立て替えをお願いして、これからはその保証人に毎月返していくという形も取れるのではないかと思います。

もし保証人があなたと関係が良いのならば、完済期間を延期してもらうこともありえます。

たとえ耳をそろえて返金ができなくとも、業者も相談により分割での返済に応じるものです。

保証人にも債務整理を実行されると、借金がまったく戻ってこないことが考えられるからです。

保証人がその返済額をすべて負う財産がなければ借金しているあなたと同様にどれかの借金の整理を選択することが必要です。

2つめが「任意整理」です。

この手順では貸金業者と示談することで、5年ほどの年月で完済をめざす方法です。

依頼する場合の費用は債権者1社につき4万円。

合計7社から借金があるとしたら約28万円かかることになります。

貸金業者との交渉は自分でやることも可能ですが、債務処理に関する経験と知識がない方の場合向こう側が確実に有利なプランを押してくるので、注意する必要があります。

いずれにしても、任意整理をするという場合もあなたは保証人に借り入れを払ってもらうことになるわけですから借金をしたあなたはたとえちょっとずつでも保証人になってくれた人に返していく義務があります。

3つめですが保証人となる人も返せなくなった人と同じように「破産宣告する」という方法です。

保証人である人も破産した人といっしょに破産を申し立てれば保証人である人の返済義務も返さなくて良いことになります。

ただ、もし保証人がマンション等を所有している場合はそれらの財産を失ってしまいますし司法書士等の職についているのであれば影響が出てしまいます。

そのような場合、個人再生という制度を利用できます。

一番最後に4つめの選択肢は、「個人再生を利用する」ようにします。

住宅等の不動産を手元に残しつつ債務整理を行う場合や、破産では資格制限がある職にたずさわっている人に検討していただきたいのが個人再生という制度です。

この処理の場合自分の家は手元に残りますし、破産のような職種にかかる制限、資格に影響を与える制限が一切かかりません。