民事再生による整理は住宅ローンなどがある複数の債務に陥っている方を対象に、住居を手放さずに経済面で再生するための法的な機関による手段として平成12年11月にスタートした解決方法です。ライザップ 池袋

自己破産とは違い免責不許可となる要件がないので浪費などで借りた場合においてもこの手続きはできますし、破産申告が理由で業務停止になるようなポストで働いているような人でも民事再生手続きはできます。ライザップ 千葉

破産の場合にはマンションを残すことは不可能ですし特定調停と任意整理では、圧縮した元金を返していかなくてはなりませんので、住宅ローンなども返しながら完済するのは現実として困難だと考えられます。

しかしながら、民事再生という処理を選ぶことができれば、住宅ローン以外での負債額は相当な額を削減することも可能ですので、余裕をもって住宅のローンを返しつつ残りの債務を払い続けるようなことができるといえます。

ただ、民事再生という手段は任意整理と特定調停等とは違って特定の債務を切り取って処理をすることはできませんし、破産申請の場合のように返済義務が消えるのではありません。

これとは別の選択肢と比較すると若干簡単ではなく期間もかかりますので、住宅ローンを組んでいて住宅を手放すわけにはいかないような場合等以外で破産申告等他の選択肢がない時の限定的な解決方法と考えた方がいいでしょう。