「スプレッド」とはFX取引は外貨をトレードして収益を上げる取引です。

取引の価格は常に上がったり下がったりします。

これがマーケットです。

テレビのニュースをみていると、通貨の為替相場の情報が流れる状況があります。

見かけるのが、「今日のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、ということを表示しています。

売買には買いと売りの2つの値段が存在する事を示しています。

売値、買値ではなくビット、アスクと表示している取引業者もあったりします。

いつもは売値が買値よりも安価になっています。

あなたが買値は高く、売値は安くなるのが普通です。

この差をスプレッドといい、取引会社の儲けの1つになっています。

スプレッドはFX業者によって変化します。

スプレッドの狭さは投資家にとって費用になるので低い取引業者を選択したほうが有利になります。

ただし、同じ業者でも場面に応じてスプレッドの差は変化します。

もしも平常時は円とドルの組合せで1銭のスプレッド幅でも、相場の上下が激しいケースでは1銭よりも大きくなったりします。

なので、スプレッドが狭いのと共に安定している事が必要です。

この頃では変化しないスプレッドを提示するFX会社も多数あったりします。

現実にFX取引会社のトレード画面上で本当の為替レートを見なければわからないので面倒ですがとても重要なことです。

多額の財産を投じてエントリーをするのだから本物のトレードの前に、興味を持った会社の新規取引口座開設をして、提示されているスプレッドの差をチェックしましょう。

同じペアでもその時間帯のマーケットの変動率(ボラティリティ)によって外貨のスプレッドの幅は異なることがあります。

おおむね、インターバンク相場で取引量の多くて、流動性の高いペアではスプレッドが小さく別の通貨ペアではスプレッド幅が大きくなるのが一般的です。