自己破産手続きを考えている人で抱えているローンに関し保証人がいる場合には、事前にきちんと連絡をしておいたほうが無難です。ここで、強調させていただきますが、借金に保証人が付いているときは破産宣告の前段階によくよく考えた方がいいでしょう。なぜなら、あなた自身が破産申告をして免除されると保証人が返済義務をいっさいがっさい背負うことになってしまうからです。ですから、破産宣告をする前に保証人に、それらの現在の状況を報告しつつ、お詫びをしなくてはいけないでしょう。保証人となる人の立場で考えると当然のことです。債務者のあなたが破産申告することからいきなり高額の借金が発生するのですから。そして、その後の保証人の取るべき選択ルート4つあります。まず、保証人である人が「みな返す」という選択肢です。保証人となる人が高額な負債をポンと支払うことができるようなキャッシュを持っているならば、これが選択できます。そういう場合はむしろあなたは破産宣告せずに保証人自身に立て替えをお願いして今後は保証人自身に月々返すという解決策もあると思います。もし保証人が信頼関係にあるのならば、少し返済期間を長くしてもらうことも可能かもしれません。いっしょに返済できないとしても業者側も相談により分割による支払いに応じるかもしれません。その保証人にも破産による整理を実行されてしまうと貸したお金がすべて戻ってこないことになりかねないからです。また保証人があなたの返済額をあなたに代わり負う財産がない場合は、あなた自身と同じようにいずれかの債務整理をすることを選ばなければなりません。2つめの選択肢は「任意整理をする」ことです。この場合貸金業者と話し合いを持つ方法により3〜5年の期間で完済をめざす形を取ります。実際に弁護士事務所にお願いするときの経費の相場は1社ごとに4万円ほど。もし7か所からの借金があるとしたら28万円かかります。貸方との交渉は自分ですることもできますが、法律や交渉の経験と知識がない方の場合相手が確実に有利な条件を押してくるので注意しなければなりません。任意整理してもらうという場合もあなたの保証人に債務を負担してもらうわけなので、借りた本人はたとえちょっとずつでもあなたの保証人に返していくべきです。3つめは保証人である人も返せなくなった人とともに「自己破産をする」場合です。保証人である人も返せなくなった人と同様に自己破産を申し立てれば、保証人である人の借金もなくなります。ですが、保証人がもし有価証券等を持っているならばその個人資産を失いますし司法書士等の職業についている場合は影響を受けます。個人再生という処理を活用するといいでしょう。最後の方法の4つめの方法は「個人再生をする」ようにします。マンション等の不動産を残して債務の整理をしていく場合や、破産申告では資格制限がある職務についている方に選択できるのが個人再生による整理です。この手段なら、自分の家は処分しなくてもよいですし破産のような、資格にかかる制限がありません。