特定調停による処理も任意整理による解決と同じようにおのおのの債権者に債務の返済を続けることを選ぶ債務整理の選択のことです。分かりやすく説明すると裁判所が間に入る任意整理といえます。この特定調停という方法も任意整理による方法と似ていますが、破産と違い一定のお金のみを整理することになりますので、他の連帯保証人が関連する負債額を除いて整理をしていく際やクルマのローンを除き整理をしていく際等でも検討することも良いですし、財産を手放すことは必要とされていないのでクルマや不動産などの自分名義の財産を所有しているものの、手放してしまいたくない場合でも有用な借金整理の手続きになるでしょう。ただ、手続きを取った後返済する額と実際に可能な給与等の収入を比較して、返済の計画を立てられるのであれば特定調停での手続きを進めることは可能ですが自己破産手続きとは違って借金自体が消えるということではありませんのでお金の合計が多いような場合はこの方法で手続きを進めることは困難だということになります。いっぽう、この特定調停は公的機関が間に入ってくるので弁護士等にゆだねなくても不利な立場に立たされるようなことはないという点とか手続きにおいての金額を節約できるというポイントは注目できますがお金の貸し手からの取り立てに対し処理していくことになる点や、実際の裁判所に数回顔を出すことが求められるというような覚えておきたい点もあります。くわえて、任意整理による手続きと比較すると調停にて解決できないような時は借入利息をそのまま付けた計算で振り込んでいかないといけない点や最終的にお金の貸し手に対し支払っていく金額が任意整理による解決より高くなることがあるなどといった覚えておきたい点もあります。