自己破産申請までの間は訴訟などといった司法的動きは認められます。それから自己破産の作業に入ってから請求までに手数がかかってしまったケースでは債権者から訴えられるリスクが増えます。債権保有者サイドにとっては負債の清算もしないで重ねて破産などの司法上の作業もしないという状態であるとグループ内部での完了処理をすることができなくなります。要するに審判が終わりどんなふうな判定がおりるにしても自己破産の当人に借金を返す財力はないです。業者もそれに関しては納得の上訴えといった無茶なやり方で都合よく和解に進めて返金させるなり借金者の父母や親族に返金してもらうという展開を期待しているときもあったりします。※西暦2005年の1月1日に改正がなされた新破産法のもとでは自己破産の申し立てをしたら差し押さえなど法律の手続きについては効果を失うことになるわけです。とういうことなので、昔の破産法の際とは違い裁判提起といったことをしようとも効果がないと考えられるということになって、現実的に提訴をする業者はなくなると思います。その意味合いでも、平成17年の1月1日に改正され破産制度は従前と比べて申し込みやすくなったと考えます。支払督促のときですが、支払督促と呼ばれているのは、裁判官が債務人に向けて残額の返却を行いなさいという要求です。一般の訴えをする際と違って、業者の都合の良い発言だけを受けて進めるため普通な審議のように日数と費用が高くならないので取り立て業者がよく使用する法的な手法です。支払督促の申請があると裁判所から知らせが送付される手順になって、その文書が送付されてから14日間が経つと取り立て屋は債務者の資産(給与債権を含む)に対し差押え行動が可能になってしまうのです。支払督促に抗して異議申し立てを提出することが可能なら、スタンダードな審議に変わることになると思われます。(注意)オーソドックスな法廷闘争は長丁場になりがちなものですので免責までに裁決が出ない推定が濃厚になることに注意しましょう。